宛先リストCSVデータおよびスプレッドシートからの変換方法

ダウンロードしたCSVデータをExcelで開いた際、住所などの列が日付になってしまうことがありますが、こちらはExcelの仕様になります。
セルマーケでは対応することができませんので、以下の方法をお試しいただきますようお願いいたします。

※お使いのWindowsのOSや、インストールされているOfficeのバージョンによっては、下記方法でも文字化けが発生する可能性がございます。あらかじめご了承ください。

CSV⇒Excel(Windows)

1:「.csv 形式」のファイルをメモ帳やテキストエディッタなどで開く。
 (「.csv 形式」ファイルを右クリック > プログラムから開く > メモ帳)

2: Ctrl + a → Ctrl + c(全文コピー)を押す。

3: Excelを起動して、空白のブック(新規ファイル)を作成する。

4: A1 が選択された状態で Ctrl + v (ペースト)を押す。

5: Excelメニューの データ > 区切り位置 をクリックする。

6:[カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ]を選択し、[次へ]ボタンををクリックする。

7: [区切り文字]で[カンマ]を選択し、[次へ]ボタンをクリックする。

8: [データのプレビュー]にて[住所2(請求先)]を選択し、
 [列のデータ形式]にて[文字列]を選択する。

9: [完了]ボタンをクリックする。

※旧字体が文字化けしてしまう場合も、上記手順で解消いただくことが可能です。

10: その後、セルマーケ用宛先リストテンプレートの項目に合わせてください。

宛先リストテンプレートダウンロードはこちらから。

※セルとセルの統合関数は「&」で統合できます。
例)住所2(市町村)C列1行目と住所3(番地以下)D列1行目を統合

10-1.D列を全選択→右クリックで1行右に空欄を挿入→同じようにもう1行追加(空欄のE列、F列を作成)
10-2.E列1行目に「=C1&D1」の関数を入力→「Enter」
10-3.関数を入れたE列1行目を「コピー」して他の行に「ペースト」
10-4.E列を全選択し「コピー」→F列を全選択
10-5.「右クリック」で「形式を選択して貼り付け」→「値にチェツク」→「OK」
10-6.住所2(市町村)と住所3(番地以下)が間違いなく統合されていることを確認し、C列、D列、E列を削除し「完了」



Google スプレッドシート⇒Excel(Windows/Mac 共通)

1:ブラウザでGoogle スプレッドシートを開く。
2:「ファイル」をクリックし、「インポート」を選択する。
3:表示されるポップアップ画面から右端の「アップロード」を選択する。
4:CSVファイルを直接ドラッグ or パソコンからファイルを選択する。
5:表示されるポップアップ画面で、以下の対応を行う。
  *「場所のインポート」は任意に設定する(デフォルトのままでもOK)
  *「区切り文字の種類」は「カンマ」のみ選択する
  *「テキストを数値や日付に変換」は「いいえ」を選択する
6:「データをインポート」をクリックする。
7:「ファイル」をクリックし、
 「形式を指定してダウンロード」>「Microsoft Excel(.xlsx)」をクリックする。

※住所やご注文者様の氏名に旧漢字が使われている場合、文字化けが発生する可能性がございます。お手数ですが、注文管理画面に表示されている正しい漢字をご確認いただき、Excel上の表示を修正頂ますようお願いいたします。

8:その後、セルマーケ用宛先リストテンプレートの項目に合わせてください。

宛先リストテンプレートダウンロードはこちらから。

お気軽にお問い合わせください 050-3160-0295 平日 9:00~12:00/13:00~18:00