東京の安いDM発送代行業者を比較!おすすめのDM発送代行はココ!

2023.01.06 2023.01.05ダイレクトメール , ダイレクトメール記事一覧
Pocket


AtoBwohikakusurujyosei

作者: kei907/Adobe Stock

東京の安いDM発送代行業者を比較!おすすめのDM発送代行はココ!

DM発送代行業者に依頼したいと考えているけれど、どのように会社を選べば良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
DM発送代行業者の中には、印刷も一緒に頼めたり、送り先のリストの用意までしてくれたり、 封入作業まで行ってくれたりと企業によってさまざまな特徴があります。
この記事ではDM発送代行業者を選ぶ時はどこを見て何で比較をすれば良いのか、 料金相場からセキュリティ面まで、分かりやすく解説していきます。

Typo_Machine

作者:Erica Guilane-Nachez/Adobe Stock

DM発送代行業者とは

発送代行業者とは、印刷や封入作業、宛名ラベル作成や貼り付けといった手間のかかる業務を代行してくれる会社のことです。 あなたの会社(DMを発送したい会社)と配送会社(日本郵便やヤマト運輸など)の間に入り、作業から差出まで全てお願いをする事が出来ます。

また、発送代行業者と配送会社の間には「大口契約」という契約が交わされており、送料がとても安くなっています。
その為、発送代行業者が間に入ることで、その価格があなたの会社(DM発送をしたい会社)にも適用されることになるので、DM発送に掛かる料金も安くなります。

このように、発送代行は「DMを発送したい会社」と「配送会社」の間に入り、双方にメリットが出る仕組みのサービスとなっています。

それでは具体的にDM発送代行業者を利用する上でのメリット・デメリットや、良い業者の選び方からおすすめの業者まで紹介していきます。

DM発送代行業者を利用するメリット

DM発送代行業者を利用するメリットは多くありますが、大きく下記の5つにまとめることができます。

①DM制作・発送にかかる費用を抑えられる
②自分たちで作業をしなくて良くなるため、圧倒的に手間や目に見えないコストが抑えられる
③スケジュール管理が的確に行われるので時間の無駄がない
④発送作業や保管のスペースを確保する必要がない
⑤DM発送に対して様々なアドバイスをしてもらえるので次回の販促に活かしやすい

DM発送代行業者を利用するデメリット

便利なDM発送代行サービスですが、利用する上でのデメリットを押さえておくことも重要ですね。
デメリットに関しても下記にまとめてみました。

①DM発送代行業者によって料金が様々で分かりづらい
②顧客の発送先情報を共有する必要があるため、情報漏えいのリスクが高まる
③DM発送代行業者の規模によっては依頼から発送まで自分たちで作業をするよりも時間がかかる場合がある

DM発送代行業者の料金相場は?

DM発送代行は、ダイレクトメールのサイズ等、仕様や発送数に応じて料金が異なるのが一般的です。
発送数が多いほど1枚あたりのコストは安くなっていきます。
一般的な料金の相場は以下の通りです。
※ラベル作成や貼り付け、封入に関わる作業費用+送料

【A4ハガキDM】
1,000枚:1通約87円~
10,000枚:1通約85円~
30,000枚:1通約82円~

【封筒DM】※封筒に3枚のチラシを封入することを想定
1,000枚:1通約92円~
10,000枚:1通約89円~
30,000枚:1通約86円~

東京のDM発送代行業者を比較

地域ごとに様々なDM発送代行業者がおり発送に関わる料金や得意な分野にも特徴があります。
以下は同じ内容のダイレクトメール発送を依頼した場合、 東京にあるDM発送代行業者の中でもどのくらい差があるのかを比較した例となります。
siyou_hikaku

 

suujitumiki

作者: Parradee/Adobe Stock

DM発送代行業者の選び方とポイント

上記の比較で分かる通り、選ぶ代行業者によって費用面や依頼から発送完了までの納期に大きな差がある事が分かりました。
DM発送代行業者を検索すると、とても多くの会社が出てくるので、どこを選んだらいいかわからなくなるかと思います。
金額や納期以外にも、送り先のデータを取り扱う上でのセキュリティ面など、どのような部分を見て決めて行けば良いのか、4つのポイントにまとめて解説します。

①コストが安い業者

なんといっても大事なのは安く送る事が出来るかですよね。
安かろう悪かろうでは無いですが、同じメール便などを使用して送るようであれば、より安い会社へ依頼することに越したことはありません。

上記で説明しました業者比較の通り、発送代行業者ごとに料金は異なります。
それは発送代行業者と配送会社(日本郵便やヤマト運輸など)の「契約内容」や、ダイレクトメールの封入作業等を内製化しているか、それとも外部委託しているか等が大きく関わる為です。

●ダイレクトメールの取り扱い実績(通数)が多いほど、配送会社から安い卸値をいただいている。
●ダイレクトメールの封入作業などを自社で内製化することで、作業費用を安く抑えられている。

発送代行業者は、豊富な取り扱い実績があり作業を内製化できるインフラが整っている会社ほどコストを抑えられるという特徴があります。
逆に、コストが高かったり、上記理由に当てはまらないのに何故か安い。といった業者には依頼しない方がいいと言えるでしょう。

業者選定の際には、ただ安いから依頼するということはせず、必ず安い理由を伺うようにして、安い理由を把握してから依頼するようにしましょう。

②依頼から発送までの納期が早い業者

金額や実績などの後に重要になるポイントは【スケジュール】ですよね。
料金が安くても依頼をしてから発送完了までがとても長いような場合では、こちらが希望している期間にDMを届ける事が出来ずにDMの効果も半減してしまう可能性もあります。
また、スケジュールの相談をした際に、「だいたい」や「多分」など曖昧な回答をされるというケースも耳にします。
スケジュールは確実に発送完了をしてもらえる日程を確認しておきましょう
DM発送代行業者は複数の会社と取引しているので、ギリギリの発注だと仕事を引き受けてもらえない可能性もあります。
スムーズな進行のためにも、発注は余裕を持って行いましょう。

③個人情報の取り扱いに信頼を置ける業者

個人向けにダイレクトメールを発送をする場合、送り先の個人情報を発送代行業者に預ける事になります。
大切なデータを預ける発送代行業者は当然セキュリティに関して万全であってほしいですよね。
情報漏洩のニュースなどを見かけることがありますが、発送代行業者選びを間違えると、このニュースは他人事でなくなってしまう可能性もあります。
発送代行業者として、情報管理が正しく行われていることを証明する「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得していることは最低条件といえます。
また「プライバシーマーク」の有無だけでなく、社内でのセキュリティカード使用の徹底、防犯カメラが設置されているかどうかなど、実際の現場環境に関してもチェックをしたいポイントになります。

④少ない件数でも対応可能な業者

DM発送代行業者によっては1回の発送数が1,000通以上でないと依頼を受けていないなど、注文数に下限を設けているケースも珍しくありません。
確かに100通以下であれば自分たちで作業をして差し出したとしてもそこまで時間もかかりませんしコストに関しても大きな差が生まれないですが、それでも依頼したいのに受けてもらえないとなると少し面倒かもしれませんね。

少ない件数でも受けてくれる業者は、作業場を内製化していたり、柔軟な対応をしてくれたりと、様々な点で企業努力している業者が多い印象です。
その為、DM発送代行業者が少ない依頼数でも対応をしてくれるかという点も業者選定のポイントになります。

上場企業が運営するDM発送代行サービス【セルマーケ】とは

ここまでお読みいただきありがとうございました。
発送代行業者選定の参考になれば幸いです。

最後に、上記を踏まえた上で私からおすすめの発送代行業者を紹介させていただきます。

▼おすすめの発送代行業者
【DM印刷発送】セルマーケ

【セルマーケ】はダイレクトメールの印刷~発送が簡単に業界最安でネット注文できるサービスです。
発送代行業界で約20年の実績を持ち、DM発送代行業者では珍しく上場をしているディーエムソリューションズが運営をしています。

▼セルマーケの特徴
●DMの印刷~発送がセットで業界最安
●DM取扱高は業界トップクラスの2億通超え
●自社センターは東京だけで6つ保有
●プライバシーマークの取得もしているのでセキュリティ面も安心
●100通という少ない件数からも依頼が可能
●発送スケジュールはPC画面上で選択が出来る
●カスタマーサポートと専任営業担当の安心サポート

是非、セルマーケのサービスサイトから問い合わせてみてください。
きっと最適な提案をしてくれるはずです。

Pocket

The following two tabs change content below.

下田綾乃

ダイレクトメール発送代行専門会社・上場企業 【ディーエムソリューションズ株式会社】 ◆ダイレクトメール事業 セルマーケ部門所属 ◆お客様サポート担当