ロイヤルカスタマーとは?重要性や育成戦略をご紹介!

2024.02.13 2024.01.31DMの企画・デザイン・印刷
Pocket

作成者:Looker_Studio/stock.adobe.com

多くの企業が新規顧客の獲得に苦戦を強いられる中、「ロイヤルカスタマー」の存在が重要視されています。こちらの記事では、ロイヤルカスタマーがなぜ企業に重要な存在なのかということや、育成方法について紹介していきます。

ロイヤルカスタマーとは?

ロイヤルカスタマー」とは、売上への貢献度が高く、企業やブランド、商品、サービスへの愛着や信頼が強い顧客のことを言います。
愛着や信頼があるからこそ、一度きりではなく継続的に購入・利用し、簡単には競合他社に流れないといった特徴があります。
長期間にわたり企業に収益をもたらす貴重な存在ですので、業績を伸ばすにはロイヤルカスタマーを育てることが非常に重要です。

優良顧客との違い

「優良顧客」とは、商品やサービスの購入・利用頻度が高い顧客や、売上への貢献度の高い顧客のことを言います。
売上への貢献が高いという点ではロイヤルカスタマーと似ていますが、優良顧客は「安かったから」「広告が目に入ったから」など何かのきっかけで他社製品を選ぶ可能性があり、企業やブランド、商品、サービスに対して愛着があるとは限らないという点でロイヤルカスタマーとは異なります。
「リピーター」とも混同されるケースがありますが、優良顧客と同様の理由で異なります。

ロイヤルカスタマーが注目されている背景

なぜロイヤルカスタマーが注目されるようになったのでしょうか?

少子高齢化・人口減少

現在日本では、少子高齢化や人口減少が社会問題となっており、市場の縮小も加速しています。
狭い市場の中で似たような商品やサービスが溢れ、他社との差別化を図ることが難しく、多くの企業が新規顧客の獲得に苦戦を強いられている状況です。
今後も中長期的に新規顧客が減少していくことを考えると、既存顧客をロイヤルカスタマーへ育成させ、利益の最大化を狙う必要が出てきました。
積極的に且つ継続的に購入してくれるロイヤルカスタマーは、企業の優位性を確立するために必要な存在となっているのです。

顧客中心主義の浸透

顧客中心主義とは、顧客を第一に考え、要望やニーズを汲み価値を提供することです。
デジタル化が進む現代において、顧客の選択肢は増え、付加価値の提供が求められるようになりました。
多くの企業が厳しい競争にさらされる状況で、長期的な利益を生み出すために顧客中心主義の考え方が重要となっているのです。
顧客の要望や悩み・ニーズに寄り添い、顧客を中心に据えたビジネスを展開することで顧客離れを防ぎ、結果ロイヤルカスタマーを育成することにも繋がっていきます。

ロイヤルカスタマーが重要な理由

ロイヤルカスタマーを増やすことで、企業にとって具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

作成者:ytemha34/stock.adobe.com

LTV向上に繋がる

ロイヤルカスタマーは、企業や商品への愛着から競合他社に乗り換える可能性が低く、長期的に商品の購入を繰り返す傾向が高いため、LTVの向上が期待できます。
LTV(Life Time Value)とは、日本語で「顧客生涯価値」と訳され、顧客が商品やサービスを使用し始めてから終了するまでに、企業にどれほどの利益をもたらすかを示す指標のことを言います。
売上の安定性を高めるためには、ロイヤルカスタマーは重要な存在なのです。

新規顧客獲得に繋がる

ロイヤルカスタマーは商品・サービスに好感をもっているため、知人や家族に紹介したり、口コミやSNSでポジティブな情報を発信し、新たな顧客を呼び込んでくれる存在です。
個人の情報発信力が高まる現代において、実際に商品を使用するユーザーの情報には信頼性があり、一方的な宣伝よりも説得力があります。
高額な広告コストをかけずとも大きな宣伝効果が期待できるため、ロイヤルカスタマーを多く育てることで、低コストで新規の顧客を獲得することが可能です。

商品・サービスの質向上に繋がる

ロイヤルカスタマーは、建設的なフィードバックを提供してくれることがあり、またアンケート調査等に積極的に回答する傾向があるため意見も集めやすい特徴があります。
ポジティブな意見だけでなく、改善点など企業側も想定していなかった視点での指摘をもたらす可能性も高く、愛着を持って使用するからこその意見は非常に貴重なものとなります。
寄せられた意見を分析し活用することで、商品やサービスの質向上に繋がります。

ロイヤルカスタマー育成の戦略

ここからは、ロイヤルカスタマーを育成するための戦略を紹介していきます。

作成者:Freedomz/stock.adobe.com

ロイヤルカスタマーの基準設定

まずはターゲットとなるロイヤルカスタマーの基準を明確にしましょう。
購入頻度、購入額、リピート率…など、重視するポイントは企業によって異なりますので、どのような顧客を特に大事にしたいかを考え設定していきます。
自社でのロイヤルカスタマーの定義が決定したら、その情報に合わせ顧客をセグメントすることで、優先的にアプローチすべきターゲットが見えてきます。

接触機会増加の施策を検討する

ロイヤルカスタマーの育成には、顧客との接触機会を増やして興味を引き、商品やサービスへの信頼を高めることが重要です。
ダイレクトメールの送付やメルマガの配信、SNSの活用など、どのような方法で機会を設けるか検討しましょう。
顧客に”しつこい”と思われてしまっては逆効果ですので、無意味に接点を増やそうとしすぎないよう注意が必要です。

検討するうえで、カスタマージャーニーマップの作成もオススメです。
カスタマージャーニーマップとは、顧客が商品やサービスの購入に至るまでの一連のプロセスを言語化することです。
適切なタイミング且つ適切な方法で顧客と接点を設けるヒントとなりますので、活用してみてはいかがでしょうか。

DM発送ならセルマーケがオススメです。印刷から発送まで1通48.4円~と業界最安級で注文可能です。
取引会社数累計14,000社以上・年間取扱約2億通以上の実績があるから安心!詳しくはコチラよりご確認ください。

育成に役立つマーケティング手法

最後に、ロイヤルカスタマー育成に活用できるマーケティング手法を紹介します。

CRM

CRM(Customer Relationship Management)とは、日本語では「顧客関係管理」などと呼ばれ、顧客情報を管理しながら、顧客の信頼感を生み出すマーケティング手法です。
年齢・性別・職業・居住地など様々な顧客情報を分析・分類し、属性に応じて最適なタイミングでコミュニケーションをはかることで、顧客との関係性を築いていくことが可能です。
顧客とコンタクトを取る代表的な方法としては、ダイレクトメールメルマガなどが挙げられます。

CEM

CEM(Customer Experience Management)とは、日本語では「顧客経験価値管理」と呼ばれ、顧客との接触機会を通じ、サプライズ体験や心に残る体験を提供することでロイヤリティを高めていく手法です。
思いがけない体験を顧客へ提供することで、まだ顕在化していなかった顧客のニーズを引き出すことができ、愛着や信頼を高めることに繋がります。

OneToOneマーケティング

OneToOneマーケティングとは、誰に対しても画一的なマーケティングを行うのではなく、購入履歴やニーズに合わせ顧客ひとりひとりにカスタマイズしたマーケティングを行う手法です。
Cookie機能の閲覧情報などを活用し、前回顧客が閲覧した商品の情報を表示させたり、クーポンの内容を変えるなど、個別にアプローチを行うことで顧客満足度を高めることが可能です。

アンバサダーマーケティング

アンバサダーマーケティングとは、顧客に商品やサービスをPRしてもらう手法です。
利用した感想や紹介をSNSなどで発信してもらうことで、新規顧客獲得に繋がります。
実際の利用者の声は一方的な宣伝よりも説得力があり、効果が期待できるでしょう。

MA

MA(Marketing Automation)とは、マーケティング活動を自動化・効率化するツールおよびプラットフォームのことを指します。
MAを活用することで、顧客のアクションに合わせて自動でメールを送信したり、顧客分析を行うなど、長期的に良好な関係を構築することが可能です。

オススメの育成方法

ロイヤルカスタマー育成に大切な「接触機会を増やす」「最適なタイミングでコンタクトを取る」には、ダイレクトメールの活用がオススメです。

DMには「〇〇様だけに特別なご案内」「日頃ご愛顧いただいているお客様限定」など特別感を与えられるような表現を用いるのが良いでしょう。
また、手書きでの記載も効果的です。
手書きのDMは目を引くだけでなく、”自分のために心を込めて書いてくれた”という印象を与えることができ、印象UPに繋がります!
売り込み色の強すぎる内容や、送付頻度が極端に多い場合は、逆効果となる可能性もあるため上手く活用していきましょう。

おわりに

企業の優位性を確立するために重要な「ロイヤルカスタマー」。
ただし、顧客から愛着・信頼を得ることは容易ではありませんので、長期的且つ継続的な戦略が必要です。

その戦略の一つとしてダイレクトメールがオススメです。
印刷~発送はセルマーケに依頼すれば、DMにかかる作業の手間削減・コスト削減に繋がります。
担当営業やカスタマーサポートスタッフが手厚くフォローいたしますので、
ロイヤルカスタマーへのアプローチにお悩みの方、お気軽にご相談ください。
セルマーケについて詳しくはコチラ

Pocket

The following two tabs change content below.
三輪姫乃

三輪姫乃

ダイレクトメール発送代行専門会社・上場企業 【ディーエムソリューションズ株式会社】 ◆ダイレクトメール事業部 営業推進課