金額比較の落とし穴!DM施策の相見積のポイントとチェック項目

2023.12.01 2023.11.30ダイレクトメール
Pocket

作者:kelly marken/stock.adobe.com

何事も、同じサービスを利用するなら安い価格で行いたいですよね。また、稟議をあげるためにも業界価格調査は必然であり必要。ただ、会社によって見積フォーマットは異なり、見るべきポイントがどこなのかよくわからないのも実状ではないでしょうか。

本記事では、ダイレクトメール(以下:DM)発送における際の相見積(見積依頼)のポイント見積のチェック項目をご紹介します。最後にDM発送代行業界大手のディーエムソリューションズ(株)についてもご案内しておりますので、是非ご一読ください!

相見積(見積依頼)のポイント

相見積を行う場合は、DM発送における条件を全て明記・指定しておくことが大切です。DM施策における見積依頼時の必要項目を以下にまとめました。

発送方法

主に料金の大半を占めるのが送料です。国内宛のDM発送は、さまざまな発送方法があります。

  • 郵便
  • ゆうメール
  • クロネコDM便 ※2024年1月末でサービス終了
  • 飛脚メール便
  • 特定の配達地域のみ安価で対応できるポスティング会社

郵便のみ「信書」の対応が可能であり、送料はどの会社から差し出しても共通なのがポイントです。信書ではなく、価格重視で業者を選択したいのであれば、郵便以外のサービスを指定するとよいでしょう。

各発送方法の特徴については別記事で取り上げております。是非ご参照ください。
日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便・西濃運輸のDM配送の特徴を徹底比較!
日本郵便のゆうメールの規格や料金などの特徴を徹底解説!
ヤマト運輸のクロネコDM便(旧メール便)の規格や料金などの特徴を徹底解説!
佐川急便の飛脚メール便の規格や料金などの特徴を徹底解説!

通数

見積を作成する上で大切な要素です。予定しているDMの通数は何通なのかを明記しましょう。

▶ポイント
単発・毎月のDM施策なのかによって価格が変わることも多いです。年間の予定が決まっている場合は伝えておきましょう。

作業内容

作業内容によって費用も大幅に変わることがあります。宛名データ・ラベルを支給するのか/ハガキ・封書のどちらなのか/封書の場合は何枚チラシ・パンフレットを入れるのか/折り作業は必要なのか・・・などです。見積時点では、何枚のチラシが入るか確定していないケースも多いかと思うので、「±1点につき、何円変わってくるのかを明記してほしい」といった依頼をするとよいでしょう。

▶ポイント
また、見積依頼した内容が正しく見積に記載されているか、認識違いがないかをしっかりチェックすることも大切です。「作業内容一式」と記載されるケースもあるので、細分化してほしい場合は事前に伝えておきましょう。

印刷

印刷から発送代行業者に依頼した方が、スケジュール調整業務がスムーズになったり、価格が安くなったりするのでおすすめです。会社によって印刷は行っていない場合もあるので、印刷費・発送代行費は分けて見積をもらってもよいでしょう。

▶ポイント
印刷費用を算出するにあたって必要な基本項目は以下の5点です。

①サイズ / ②紙質 / ③斤量* / ④色数 / ⑤印刷部数

※冊子の場合はページ数・綴じ方も必要です。また、色校正をしたい場合は見積依頼時に伝えましょう。

*斤量:用紙の厚さを表す単位。原紙1,000枚での重さ「kg」で表します。

納期

印刷納期・作業納期どちらも長い方が安くなります。ただ、制作にかかる時間からお届けしたい日までを計算すると、データ支給日(印刷物の納品日)から発送日までのおおよそのスケジュールが算出されると思います。

▶ポイント
見積依頼時には、「△日に支給するので、✕日に発送してほしい」と伝えられると1番よいですが、「◎日までに届けたいです。いつまでの支給なら間に合いますか?」といった質問を投げてもよいでしょう。

重量

これは封書DMの場合に必要な項目です。1通あたりの重量が重くなればなるほど、作業の進みは遅くなります。その分、人員も多く確保しないといけません。

▶ポイント
サンプルがあれば、重さを量ってから見積依頼を行いましょう。重さが不明な場合は「A4サイズで100ページの冊子」など、重量が予想できるように伝えましょう。

分からないことはメールで質問しよう

ちょっと聞きたい疑問が発生した場合、すぐ回答が貰える電話をしてしまうことも多いのではないでしょうか。相見積などの会社間のやり取りの場合は、メールなど記録に残るものにした方がよいです。チーム間での共有や、言った言わないや認識違いが発生しないようにすることが大切です。また、見積依頼のフォーマットを作っておけば、誰でも依頼できるようになるのでおすすめですよ!

また、見積提出期限を設けておきましょう。返信しない会社はないと思いますが・・・対応に不満がある場合は今後連絡を控えてもいいかもしれません。

見積のチェック項目

続いて、見積でチェックすべき項目を以下に記載します。

作者:ktktmik/stock.adobe.com

消費税

うっかり見落としてしまうと聞くのが、「税込」「税別」の部分です。合計金額は「税込」で書かれているものがほとんどだと思いますが、稀に「税別」表記になっているケースもあります。税別の額だと、パっと見だけだと安く感じられてしまいますよね。
(例)
A社:¥110,000円 ※税込価格
B社:¥105,000円 ※税別価格 (⇒税込にすると¥115,500円となり、高くなる)

有効期限

見積には有効期限が存在します。通常は提出日から数か月間は有効ですが、短く設定されているケースもあります。業者選定期間中に期限が切れてしまわないか、チェックを行いましょう。

内容に相違がないか

依頼した内容と見積内容があっているかきちんとチェックしましょう。見積に記載が漏れていた場合、最終的に価格が異なってしまうことも考えられます。

消費税・有効期限と同様で、善良な会社だけでなはいということを念頭に置いておきましょう。

DM発送代行業界大手のディーエムソリューションズ(株)では・・・

本コンテンツを運営しているディーエムソリューションズ株式会社と運営しているサービスサイト【セルマーケ】での見積についてご紹介します!

セルマーケ【DM発送ウルトラパック】

WEB上だけで注文が完結できるセルマーケの【DM発送ウルトラパック】は、「印刷・作業・発送」がパッケージになったサービスです。こちらには、見積ダウンロードサービスが搭載されています。お好みのDMタイプ画面から発送部数を入力し、印刷する用紙・発送プラン・発送日を選択すれば簡単に見積が確認できます!専属の営業担当がいない分、見積提出を待つ必要がありません。24時間365日いつでも金額をチェックすることができますよ。

✓関連記事
DM発送ウルトラパックは本当に安くて短納期?他社と比較してみた!

DM発送ウルトラパックサービスページはこちら>>

セルマーケ【DMWEB】

WEB上だけで注文が完結できるセルマーケの【DMWEB】は、DM発送ウルトラパックにはない仕様でDM施策を行いたい、印刷済みのチラシを使用したいといった方におすすめしているサービスです。見積は専属の営業担当からご案内となりますので、些細な疑問も全てご相談ください!

✓関連記事
仕様にとらわれない発送代行の注文をDMWEBで。

DMWEBサービスページはこちら>>

専任の営業対応も◎

作者:maroke/stock.adobe.com

もちろん専属の営業担当が、見積提出から発送依頼まで全て担当させていただくことも可能です。WEB上で1人で登録するのは不安、気軽に相談できる営業担当が居てほしいなどのご要望にもお応えできます!価格も対応力も胸を張れる営業マンが親身になって対応します。是非お気軽にご相談ください!

ご相談フォームはこちら>>

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございます。見積依頼から比較時のポイントをご紹介しました。相見積は少し面倒ではありますが、依頼時のフォーマットがしっかり出来ていればそこまで手間ではありません。是非本記事を参考にしてみてください。

同じDM施策を委託するなら、価格もサービスも満足する代行会社にお願いしたいですよね。DM発送代行大手のディーエムソリューションズ(株)なら、さまざまなご要望にお応えできると自負しております。是非コチラから、お気軽にご相談ください!お待ちしております。

 

Pocket

The following two tabs change content below.
竹内 祥子

竹内 祥子

ダイレクトメール発送代行専門会社・上場企業 【ディーエムソリューションズ株式会社】 ◆DM業界歴11年 ◆マーケティング担当